担保があると有効

誰しも手持ち資金が無いときには、先ずは預貯金を取り崩すか、それはそのままにして、銀行から借り入れを起こす事が一般的です。

そこで、銀行でお金を借りる際の重要ポイントについて予め知っていた方が、

借り手と銀行との間の問題や行き違いをなくすることに有効であると考えます。

そこで、ここでは、銀行でお金を借りる際の重要ポイントについて検討を加えてみます。

たた、ここで考えるのは、個人の場合であって、企業などが銀行から借り入れを起こす場合は取り上げませんが、

基本的には個人の場合と同じだと考えられます。

ただ、企業の場合は銀行と当該企業との従来からの取引による信頼関係が個人の場合に比べ、

非常に重要なポイントになるということは言えるかもしれません。

さて、個人が銀行でお金を借りる際の重要ポイントは、つまりは資金提供する銀行にとって、

何が重要事項なのかということと同じです。

貸し手にとって重要な事は、借り手に返済能力があるか否かです。

返済能力の有無は、借り手に提供できる担保があるかないかも含めて考えます。

ですから、借り手に貸し手となる銀行に預金があれば、これを担保としてまず問題なく銀行からお金は借りられます。

また、たとえ銀行に預金はなくても、借りて名義の原則として担保が設定されていない不動産などの資産価値を

ゆうする財産があるかどうか、そして、その財産に担保権の設定が可能かどうかなども、銀行貸出の重要なポイントとされます。

銀行からお金を借りようとする場合は、こうした事を念頭に、そのための下調べや準備をして銀行の窓口に相談してみましょう。