重要なポイント

銀行でお金を借りる際の重要ポイントについては、大きくふたつに分けて考えることができます。

それは、一般個人が住宅ローンなどの非事業資金を借りるケースと、個人事業主や企業が事業資金を借りるケースです。

まず、非事業資金を借りるケースの、銀行でお金を借りる際の重要ポイントは、個人信用情報です。

過去にクレジットカードやマイカーローンなどで延滞の情報があると、それは借入の審査に大きく影響を与えます。

普段から個人的な資金管理をしっかりと行い、うっかりした入金忘れなどを防がないといけません。

もうひとつ重要なのは、勤続年数です。

転職を頻繁にしていて、現在の勤続年数があまりにも短いと、これも審査に大きな影響を与えることになります。

次に、事業資金を借りるケースの、銀行でお金を借りる際の重要ポイントは、客観的な資料を出来る限りたくさん揃えるということです。

提出資料がしっかりしている個人事業主や企業に対しては、それだけで銀行は好印象を抱きます。

資料がしっかりしているということは、日常の資金繰り管理がしっかりしているということで、

借入の返済も間違いなく実行される確率が高まるからです。事業資金の借入をした後の行動も重要です。

毎月の試算表を提出するなど、定期的に銀行に情報を提出することが、更に信頼感を高めます。

通常、事業資金は同じ金融機関から繰り返し調達することが多いですから、日常の信頼関係を築いておくことが重要です。