銀行のカードローンの金利

銀行のカードローンの金利というのは、キャッシングの金利の中でも全体的に低めであることが多く、

また、総量規制の対象にならないので、審査に通って使えるようになると便利です。

しかし、一般的に銀行ローンの審査は、消費者金融の審査と比べると厳しいと言われています。

銀行でお金を借りる際の重要ポイントとしては、まず、借入金の有無ということになるでしょう。

審査を申し込んだ段階で、債務がない方が一般的に審査には有利です。

あちこちからお金を借りているということだと、やはり不利になると言えます。

銀行との取引の有無というのも、銀行でお金を借りる際の重要ポイントでしょう。

たとえば、ローンを申し込むずっと前から預金口座を持っていて、預金をしていたという場合だと、銀行からすると、

まったくわからない人から申し込まれたというわけではないので、審査でのスコアリングでプラスをつけられる可能性があります。

逆に、今まで口座を持っていなかった人から、ローンを申し込まれた場合は、取引実績がないということになるので

、ある場合と比べると審査のスコアリングは落ちるかもしれません。

そういう部分を考慮すれば、銀行ローンに申し込む場合は、今まで取引があった銀行に申し込んだ方がいいと言えます。

他に銀行でお金を借りる際の重要ポイントには、職種というのがあるでしょう。

長期間にわたり安定的な収入が期待出来る公務員だと、審査は有利になる可能性が高いです。